blog index

冷えとり健康法 宿り木の会のブログ

冷えとり健康法の支援ショップ 宿り木の会の店主ブログ
<< 超デカサイズのソックス。 | main | あかつきの鐘 (冷えとり的世界) >>
冷えとり資料
0

     まぁ、時間の流れの速いこと!あっという間に一週間が過ぎて、あっという間に一ヶ月が過ぎ・・

    もう、今年も半分が終わろうとしています。 

    ブログも書きたい気持ちはあっても、何だか愚痴みたいな事ばかり頭に浮かぶので、苦肉の策を打ち出す事にしました。

     

    やどりぎでは、お客様に合わせて、冷えとりの資料をお渡ししています。

    一生懸命、実践している人には成長に合わせて本や冊子などをお送りしていますし、そこそこの人にはそこそこの分かり安い、季節にあわせた資料等をお送りしています。

    そこで、私が考えたのは、ちまたにはテキトーな冷えとり情報も出回っておりますし、いっそのこと、今まで、やどりぎの資料としてお渡ししていたものを、ケチケチしないでこのブログでず紹介していこうかなぁという事です。

    まぁ、30年もやっておりますので、その資料、膨大につき、整理するのが大変で、細かい事に気を使ってはまた時間がかかってしまいますので、近くて手に取りやすいところにあるものから、ここにコピぺしていきたいと思います。

    内容は、進藤先生から教えていただいた事や、講演集からの抜粋をわかりやすくまとめたものです。

    冷えとりの、道しるべとなると幸いです。  

                        (転用はお断りいたします)

    ・・・・・・四葉・・・・・・・・・四葉・・・・・・・・四葉・・・・・・・・・四葉・・・・・・・・・・四葉・・・・・・

     

    {冷えというものについて}

    東洋古来からの考えに、全てのものは対極から成すとあります。(男と女 太陽と月 明と暗 等)

    まず、「気」と言うものについてですが、陰の気と陽の気があります。
    陰の気というものは下から上に昇るもので、陽の気は上から下にさがるものです。
    それで、グルグルまわるようなそういった性質を持っています。                       
    そして、もう一つの性質・・・陰の気は冷たいところが好きで、陽の気は温かいところが好きというのがあります。
    足元が温かいと、陽の気はより温かい足元に下りてきます。
    反対に頭が冷たいと、陰の気は足元から頭の方へ上がってきます。
    この「気」がめぐる事が重要で、常に頭寒足熱にしていないと、「気」のめぐりが悪くなり陰の気が下に溜まったまま動かずに
    「冷え」となってしまうのです。

     

    陰の気と陽の気が循環する時、それと共に血液も循環します。                  

    冷えて気の流れが滞り、それと共に血液の循環が滞ると、例えば動脈の方が滞れば、栄養物や酵素が運ばれて来ない・・静脈の方が滞れば炭酸ガスやその他の老廃物が出て行かない・・・。
    これは、大雪か何かで交通が途絶した大都市みたいなもので、生活物資は入ってこないわ、ゴミとかいらない物は出ていかないでは、その町の市民生活は大変な事になってしまいます。

     

    冷えというものは非常に怖いものです。
    (足元が冷えているという事は、物理的に冷える場合もあるし、精神的な冷えも、食べ物による冷えもあります。)
    冷えると血管が縮むという事は西洋医学でも分かっている事です、
    抹消の方の血管は、十ミクロン近い円盤状の赤血球が一列になってサーっと通れるだけの広さしかないので

    それが縮むとたちまち渋滞が起こってしまいます。
    これをスラッジといいますが、ヘドロのようなものがドローっと溜まるのです。
    充分、血がめぐらない事によって、このスラッジが内臓に溜まり続けて、がん細胞やろくでもないものになってしまうのです。

    ところが、がん細胞は人間の身体の中で、いつでも誰にでも、ポチポチと出来ているものなのです。
    ただ、普通の健康な細胞よりは寿命が短いので先に壊れてなくなってしまうのです。
    だから、新しいがん細胞を次々と作らなければ、(原因を絶っていけば)余計なものは消えていってしまうものなのです。

     

    「百年河清を待つという言葉がありますが、これは黄河が濁っていて、百年、待っても水は綺麗にならないという意味です。 

     黄河の上流には黄土地帯があって、植物が生えていないので、雨の度に崩れた黄色い土が流れてきて、いつも濁っているという 事を表しています。
    ただ百年待っても、清い水にはなりませんが、でも、きれいにするのは、決して不可能な事ではではありませんね!。 

    黄土地帯に植林し、植物を生やして、緑地帯に変化させればおのずと河は澄んで来ます。

    護岸をしたり、余計な治水工事をしなくてもそれで、綺麗になるのです。
    それと同じで、(原因)を取り去れば、自分自身の力で自然に治っていくものなのです。
    身体は、まともになりたがっています。冷えをとり、良い気をめぐらせて、綺麗な流れを取りもどす努力をして下さい。
     
    絹で毒素を取り!綿の助けで勢いを増して、大いに循環させるのが冷えとりの根本理念なのです。

     

                    

         (冷えとり健康法の唯一無二の医師・進藤先生の講演集より抜粋)

     

     

    | やどりぎ・のむら | 冷えとり的 | 22:38 | comments(2) | - |
    コメント
    商品と一緒に送られてくる資料は全部とってあって何度も読み返しています。本には書けないだろうなあと思われる奇跡的な話は読むたびに勇気が出ますし、dvdはお宝保存版です。

    こんなにしっかり読んで、見て、理解したつもりでやっている冷えとりなのに、いつの間にか自己流になってしまうのはナゼかしら。 

    つい買い物だけして安心してしまうのは悪い癖で、これからは身を引き締めてブログ読みます。
    | m | 2017/06/28 9:54 AM |
    早々のコメントありがとうございます。
    その日のうちにお返事コメントをだしたんですけど、久しぶりだったので、書いたものがどこかへとんでいってしまいました。
    今日は書き直し・・・
    もう30年も冷えとりをしていても、時々、だらける事ありますよ。
    そして、あれ?っと思うと、妙に足首が痛い・・夜中に目が覚める等々ありまして・・ハッと気がつくんです。サボっていたと・・
    でも、すぐ半身浴をして、靴下を増やせば元に戻りますしね。
    進藤先生は「冷えとりに手遅れ無し!」とおっしゃっていますから、少々サボっても大丈夫ですけど、自己流になって、それを長い事続けてはいけませんよ。
    自己流にも色々ありますけど、とんでもない間違いをしている方もいらっしゃいますので、常に、反省して初心を忘れないように心がけてくださいませ。
    また、何かお役に立つような事を載せますので、チェックしててくださいね。
    それではまた(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪
    | 冷えとりオバサン | 2017/06/29 9:17 PM |
    コメントする


          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    ↓宿り木の会のお店↓




    【宿り木の会の商品】
    白賁絹(はくひけん)
    白賁絹(はくひけん)

    ヤクの毛ソックス
    ヤクの毛ソックス

    白賁絹(はくひけん)4足セット
    白賁絹(はくひけん)4足セット

    赤ちゃん用ベビーキッズ用ソックス
    ベビーキッズ用ソックス

    リンク




    bolg index このページの先頭へ